Skip to content

産廃を運ぶための許可を得るには

さまざまな産業を行っていると廃棄物が発生し、それら産業廃棄物は適切に処理することが法律によって定められており、これらを行うためのプロセスとして収集運搬、中間処理、最終処分の3つの工程があります。

この中で欠かせないものが収集運搬で産業廃棄物が発生する業者や、または収集運搬を専門にする業者は産業廃棄物収集運搬業許可を得る必要があります。この産廃収集運搬業の役割は発生した産業廃棄物を運ぶために必要なものですが、許可を出しているのは都道府県別で管理されています。

同じ都道府県内で完結するような産廃収集運搬では、ひとつの許可で可能ですが、目的地が異なる場合には2つを保有している必要があります。産廃収集運搬の許可そのものは定められた要件を有していれば取得は可能です。

必要な要件は運搬施設を有していること、施設の使用権限を有していることです。基本的には収集した産廃を周囲に影響を与えることなく運ぶための施設および車両を有していることが必要で、また二重で登記することや運搬に携わる運転者は雇用関係がある必要があります。

さらに都道府県で開催される講習会受講の修了を要件のひとつとしていたり、また経理的基礎、つまり会社として健全な経営が行われているなどが要件になっています。このほか欠格事由に該当しなければ許可を得ることが可能ですが、申請を行うさいには行政書士などプロに可能であるか診断してもらったほうがはやく得ることが出来ます。

Be First to Comment

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です