Skip to content

産廃業の許可申請は代行してもらう方法も

産廃業を営むためには管轄する地方自治体に許可申請をして受理される必要がありますが、自身で行うことが難しい場合は専門の業者に代行してもらう方法もあります。

その他にも産廃業を開業するには廃棄物を運搬するための車両を用意するのはもちろんのこと運び出す廃棄物の形態によっては飛散や漏洩を防ぐために専用の容器を設置したり、健全な経営を行うための財政基盤を有していることを証明するために収支計画書や中小企業診断士による診断書の提出、環境大臣認定講習会を受講するなど数々のハードルが待っています。

さらに新規事業をスタートさせるためのさまざまな業務が重なる中で関係各署をひとつひとつ回らなければならない許可申請の手続きを行うのは移動だけでも多くの時間を要し、関連法令を熟知した専門的な知識も必要となることから心身ともに大きな負担となります。

そんな時は行政書士やコンサルティング会社などに依頼して手続きを代行してもらう方法があります。

関連法令を熟知し豊富な経験と実績を持った行政書士やコンサルティング会社ならば産廃業の許可申請を安心して任せることができ、逆に環境大臣認定講習会の受講など代行してもらうのが不可能なものについては集中して行えるので、貴重な社内リソースを煩雑な手続きを行うための時間に浪費させることなく本業の業務の準備に費やすことができれば全ての手続きをスムーズに完結し、生産性と収益を高めることに大きく寄与します。

Be First to Comment

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です