Skip to content

産廃の許可を取るためにすること

産廃の事業を始めるためには、そのための許可を取る必要があります。

初めて事業をスタートする企業の担当者さんや責任者さんを想定し、いろいろ説明をしてみたいと思います。産廃事業を始めるにあたっては、各自自体ごとの許可を取得します。ここで気をつけておきたいのは、許可に関しては産業廃棄物を積み込む場所(排出事業者の所在地)と降ろす場所(処分委託先)の両方の許可を取得しなければならないことです。

ちなみに運搬中うに通過する都道府県については許可を取得する必要はありませんので安心してください。産廃申請は、廃棄物処理法に則って行われることになります。準備する書類についても産廃処理法をベースに準備をしますが、各自治体ごとに若干の違いがある場合もありますので事前に自治体のサイトなどでチェックしておくことをおすすめします。

一般的に準備すべき書類を細かく紹介はできませんので、今回は代表的な書類だけでもお伝えしておこうと思います。その書類とは、申請書、事業計画概要書、事務所・事業場の位置図及び平面図、事務所や事業場の所有権を証明する書面、収集運搬課程の受講修了証の写し、資金関連の書類などになります。

法人、個人によっても手続きに違いがでてきます。また、申請者が未成年者である場合には、法定代理人の住民票の写しと登記事項証明書が必要になる点には注意してください。今回の記事を参考にスムーズな申請ができることを陰ながらお祈りしています。

産廃の許可についてならこちら

Be First to Comment

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です