Skip to content

産廃の許可申請を失敗しないポイント

産廃は許可申請を行わなければ事業をすることができないのは、不法投棄が行われると人の体に影響が出たり、環境汚染に繋がったりすることがあるからです。

産業廃棄物や特別管理産業廃棄物の収集運搬、あるいは処分業を行いたい事業者は事業を行いたい都道府県に対して、産廃の許可申請を行って許可を受ける必要があります。書類の一部は全国統一様式になっており、申請に必要な様式一式と記載例や手引きは、都道府県が運営するサイトから無料でダウンロードすることが可能です。

収集運搬をするため産廃の許可申請を受ける際には申請手数料が必要です。新規の場合と、更新や変更では申請手数料が違ってくるので注意しましょう。廃止の場合に限り、申請手数料はありません。書類に不備があると再提出が必要になるなどし、事業開始日が遅れることになりかねません。

心配であれば専門家からサポートを受けることが可能です。行政書士の中には産廃の許可申請を代行してくれるところがあるので、スムーズに手続きを済ませたいのであれば利用することが可能です。

許可を得ず違法に事業を開始することがないよう、早めに対応を進めていくことが大事になります。ポリ塩化ビフェニルの許可を得たいのであれば、環境省のサイトからPCB廃棄物収集・運搬ガイドラインや低濃度PCB廃棄物収集・運搬ガイドラインをダウンロードしてよく読んで覚えておく必要がります。

一度産廃の許可申請が通っても欠格要件を満たした場合取り消しになるので、該当要件も確認しておきましょう。

Be First to Comment

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です