Skip to content

産廃の事業者は許可申請をしなければいけない

家庭から出るゴミと違って産業廃棄物いわゆる産廃は、専門の業者が収集してリサイクルできるかどうかを選別したり小さくする中間処理をへて最終処分していくことになります。

この流れの中で産廃を出す事業者から回収を依頼されて運搬する産業廃棄物収集運番業や中間処理・最終処理を売る処分業をやっていくためには都道府県知事の許可を得なければいけません。産廃の許可を取得するためには、まずどのようなことをするのかということを明確にしなければいけません。

産業廃棄物のなかでも爆発したり毒性があったりと人の健康や生活に対して危険がある代物は特別管理産業廃棄物というくくりで別の許可申請が必要になります。また産廃の収集運搬業をやっていくのか、処分業をやっていくのかということで許可は分かれています。

作業の中で一旦、産廃をおろしてより大きな運搬車に載せ替える、という積み替え保管を行うときも、また別の種類になります。許可申請を行うためには、許可申請書および届出書に必要事項を記入の上役所に提出します。

そのためには許可申請をする前に専門的な知識と技術を学ぶために講習会を受ける必要があります。役所に書類を提出するときには、その講習会を受講して事業を行うのに必要な能力があるということの証明である修了証をもらって添付しなければいけないからです。

これは提出するのはコピーですが、原本も持参しなければいけないことになっています。許可申請は予約制ですから、事前に電話で提出する日時をきめてから足を運ぶことになります。

Be First to Comment

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です