Skip to content

産廃に関した許可申請を代行してくれる業者

産廃に関連した許可申請を代行してくれる業者があります。

自分で行うと複雑で難しいこともあるので専門的な知識を持った人に依頼するのが一番です。産廃の許可申請の代行といっても、いくつか種類があって産業廃棄物の収集や運搬、廃棄物の処理業に設定許可です。

処理業は、他人から依頼されてお金を貰って産業廃棄物を運んだり処分しますが都道府県知事の許可が必要です。設置許可は廃棄物を処分する施設を設置するときに必要です。他にも特別管理の産廃の収集運搬業や処分業などの許可申請もありますが、こちらも代行業者が行ってくれます。

終章運搬業の許可は、積替え保管施設がある時とない時では取りやすさがかなり違います。この施設は運搬効率アップなどのために、特定の場所に保管施設を設置し比較的小型の車両で廃棄物を収集して下ろしてから、大型の車両に乗せ換えて処理施設まで運ぶ中継基地のような役割があります。

この施設では廃棄物の搬入と搬出があり、一時的に廃棄物を貯留するので周辺環境の影響もあるため審査も慎重になります。殆どの自治体では保管ありの収集運搬業の申請は事前協議制です。

処分業はその処理施設を設置するのに処分方法や規模などで設置許可が必要で、許可に基づいて建設した施設が基準どおりに稼働するかなど使用前検査のクリアしなければなりません。

許可が必要でない施設でも各自治体で条例や指導要綱を定めいて、届出や事前協議制度を設定していることが多いので計画を立てるときもその設置の要件が整っているかなど慎重な調査が欠かせません。

Be First to Comment

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です