通信関連の無線LANで料金を比較する

subpage01

通信関連の無線LANの料金は、難しいことを考えずルーター選びの参考にします。
部屋の間取りは目安程度に参考にすると良いかもしれません。


通信関連の無線LANのカタログページを見ると、料金が掲載されていますが3LDK向きに対応している部屋の広さが表記されることもあります。

間取りはあくまでも参考にする程度なので、目安にしてルーターは性能が高いほど遠くまで電波が飛ぶようになります。
速度も落ちにくくなりますので、安定した通信で動画を見たりすることができます。


性能に関しては基本的に大きいものは小を兼ねるので、一回り大きなものを選ぶと失敗がありません。

4LDK向きのルーターで2LDKの部屋に対応することは簡単です。


通信関連の無線LANは広い部屋に対応しているルーターほど料金が高くなってきます。

この辺りも考えながらバランスよく対応していくことが大切です。



メーカーとして部屋の広さを目安にしている場合、モデルケースにはルーターを家の中心に設置したことを前提としています。

3LDK向きのルーターでも部屋の中心部ではなく、隅の方に設置するとそこを中心に電波が発生するので電波が届かないエリアが家の中にできてしまいます。



どうしても部屋の隅にしか設置できないという場合は、ひとまわり大きめの4LDK向きのもので対応するとうまくいきます。



現実問題として家の中心に設置できるケースは稀で、隅に設置することになるのがほとんどです。