資金調達の方法としてのファクタリング

subpage-img

経営者であれば知識としては知っておきたいのがファクタリングと呼ばれる資金調達法です。
この方法は決して積極的に推奨される資金調達の方法ではありませんが、いざと言うときの選択肢としては非常に優れた仕組みを持っていますので知識として知っておくことが大切であるといえます。

あなたの知らない日本経済新聞について調べるなら、こちらをご覧ください。

一般的には何かしらの事情で資金不足に陥る場合には銀行等の金融機関から融資を受けてしのぐのが基本です。

しかしながら金融機関は常に無条件にお金を貸してくれるわけではありません。

返済の可能性が十分に高い場合には借りやすい状態であるといえますが、会社の調子が悪いなど資金繰りに困るような状況になってくると思ったような条件で借りることができなくなるケースは珍しくありません。

場合によっては非常に高い金利を要求されたり、借りることができない場合もあるのです。ファクタリングは急いで資金調達をしなければならない場合に、金融機関からの融資等正当なルートがうまくいかない場合に役立ちます。
主な仕組みとしてはこれから入ってくると予定されている売掛債権を売却することにより、すぐに現金を受け取ると言う仕組みです。



言い換えれば、ファクタリングとはこれから入ってくる予定のお金を受け取る権利を売却するものです。
ただしそこには手数料が存在していますので1万円の入金が予定されるのに対し、今すぐ9、000円で買い取るような仕組みとなっています。


そのため早急に資金調達が可能と言う点を除けば、あまりメリットのないサービスであると言えるかもしれません。

介護給付金ファクタリングの初歩を知らない方でも理解できるよう情報をまとめたサイトです。

top